小牧市の痛みの少ない歯科・歯医者

〒485-0054愛知県小牧市多気西町152/駐車場6台分完備

診療時間
9:30~12:00 × × ×
14:00~18:30 × × × ×

○:9:30~12:00/14:00~18:30 △:9:30~13:00

ご予約・お問合せはこちらへ

0568-77-7975

当院の審美歯科(白い詰め物・被せ物)

皆さまに日々すてきな笑顔で過ごしていただきたいとの思いから、当院では審美歯科(白い詰め物・被せ物による治療)に力を入れています。良好な咬み合わせは、見た目の良さだけでなく、全身の健康も連れてくるもの。体の不調に悩む方も、ぜひ治療をご検討ください。

みなさんこのようなお悩みありませんか?

  • 笑うと、銀歯が見えるので恥ずかしい・・・
  • 昔入れた銀歯の部分が痛い・・・
  • 昔入れた銀歯が、またむし歯になった・・・
  • 出来るだけ長持ちする詰め物・被せ物が良い!
  • 金属アレルギーだから、銀歯は入れたくない!

そんな方には・・・ジルコニアをオススメします!

ジルコニア

ジルコニアとは、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、

強く、硬く、白く美しいセラミック素材です。

スペースシャトルの外壁にも使用されているほど頑丈です。

歯科におけるジルコニアは、むし歯で歯を削ったときに

詰めたり被せたりする「補綴物(ほてつぶつ)」に使用します。

ジルコニアの4つの特徴

長持ちする高い耐久性!

ジルコニアは、スペースシャトルの外壁や包丁などに使われているほど頑丈です。

象が踏んでも割れないと言われていて、非常に高い耐久性を持つ素材です。

むし歯の再発リスクが低い!

銀は腐食するため、銀歯と天然歯の間に溝ができ、そこに汚れが貯まりやすく、むし歯ができやすくなります。

ジルコニアは銀とは違い、腐食しませんので、むし歯の再発リスクが低いです。

金属を使わない安心素材!

銀歯は、唾液で腐食するので銀が溶け出し体内に吸収されていくため、金属アレルギーの心配があります。

しかし、ジルコニアは腐食しませんので身体に安心安全です。

白く美しい素材!

銀歯は、口を開けて笑うと目立つため、恥ずかしくて笑うことが出来ないとおっしゃる方は多いです。

ジルコニアは白くて美しい素材なので、気にすることなく笑うことができます。

満足のいくお口を実現する「技工士立ち会いサービス」

セラミックやハイブリッドセラミックの完成度は、歯科技工士の技術力に大きく左右されます。当院では、技術力が高く、経験豊富な技工所(技工士)と提携し、患者さまに高品質の被せ物・詰め物を提供しています。

歯科技工士立ち会いサービスの実施

一般に歯科技工士は、医院側からの指示書に従って被せ物を製作しますが、当院では、平成2年の開業時から、歯科技工士立ち会いサービスを実施しています。(前歯の審美性の高いものに限る)

具体的には、患者さまと院長、技工士の三者で打ち合わせを実施。患者さまは専門家の意見を聞きながら、形や大きさ、色などの要望を決めることができます。仕上がってみて「こんなはずじゃなかった」というギャップが生じにくくなるため、大変好評です。

さらに、技工士本人が患者さまの口元や顔の形などを総合的に見られるので、より患者さまにフィットしたものを製作できるという利点があります。

厳選した素材、丁寧な工程で精密な被せ物に

むし歯や歯周病が再発しないよう、当院では歯と歯ぐきの間に隙間がない精密な被せ物を製作しています。型取りや接着剤などの素材を十分吟味して選び、各工程を丁寧に行うことで、これを実現しているのです。

歯科材料は、歯科大学の補綴(ほてつ)歯科に所属する専門家のアドバイスを取り入れ、最新で効果の高いものを導入しています。安心・安全・高品質の治療を提供しますので、どうぞご安心ください。

精密な詰め物・被せ物を作る4つの工夫
  • 特殊なバーを使用
    被せ物の形は、歯の形を整える「形成」によって決まります。歯の表面を滑らかに整えるバー(歯を削る器具)は、ダイヤモンドバーやジルコニアバーなど、大きさや形の異なるものを複数取りそろえ、用途に応じて最適なバーを使用しています。
  • 圧排糸
    当院では、より精度の高い型取りを行うため、歯ぐきの周りに糸を巻き、歯と歯ぐきの境界を分ける「圧排」を行っています。その際に用いる圧排糸も、患者さまの歯ぐきの状態に応じて使い分け、より体的負担が少ない方法を選択します。
  • シリコン印象材
    型取りに使うペーストは、固まったあとの変形やゆがみが少ない「シリコン印象材」を使用。精密な型取りができるので、フィット感の高い被せ物に仕上がります。
  • 接着剤
    セラミック専用の接着力の高い接着剤を使用。セラミックの種類ごとに、より相性がいい接着剤を選択しています。また接着剤自体の透明度が高いため、セラミックから接着剤が透けて見えた時もセラミックの美しさを損ないません。

審美歯科(白い詰め物・被せ物)治療の流れ

検査

検査器具やレントゲンで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

歯を削ります

詰め物や被せ物の土台になる歯を削ります。

詰め物や被せ物を装着

詰め物や被せ物を装着します。

メインテナンス

詰め物や被せ物を長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。